新着情報

2014/01/30

宮城県の産地視察

  • 宮城県の産地視察
  • 宮城県の産地視察
  • 宮城県の産地視察

高木屋です。
松の内の賑わいが過ぎ、早いもので2月に入りますね。今月は全国的に強い寒波に覆われる日が多く、地方問わず厳しい冷え込みとなったようです。

南魚沼市も冷え込みは厳しく、-10℃を下回る日があるほど。そんな日は決まって天気が良く、雪山を背景にダイアモンドダストが朝日を浴びて輝きます。県外の皆様にも是非お見せしたい、雪国ならではの光景です。

 

徐々に風邪やインフルエンザなどが流行してきました。社内では徹底した予防に取り組んでおります。

洗浄と消毒は効果的に行われているか、抜けはないか、いつにも増して念入りに目を配り、社員一人一人が気をつけなければなりません。今後も衛生面の管理を徹底し、安全な商品をお届けして参ります。

 

 

さて、この度は「宮城県産わかめ」のご紹介です。

 

 

 宮城県産わかめの生産地を視察しました

1/5より数日間、宮城県産わかめの生産地を視察しました。今回訪れたのは松島湾に面した浜と、宮城県塩釜市にある塩釜港。当日は天候に恵まれましたが、晴天でも現地の寒さは厳しく、凍てつくような寒さの中で漁が行われていました。


 

 

 

現在はわかめの新芽「春採りわかめ」「春採り茎わかめ」の収穫が盛んに行われていますが、今年はわかめの成長が例年より早く、常に十分な量が収穫されています。また、品質も安定しており、歯応えがありながらなめらかで香りの良いものになっています。

 

春採りわかめの詳細はこちら
http://www.takagiya.com/products/dtl.html?category=1&dist=&filter=&id=0
春採り茎わかめの詳細はこちら
http://www.takagiya.com/products/dtl.html?category=1&dist=&filter=&id=27

 

同時に、3月より収穫される宮城県産わかめも順調に生育しています。このまま成長していけば優れた品質のわかめが収穫されると期待しています。

 

 

 今月の「教授のヘルシーレシピ」

春が旬とされる「セリ」を使ったレシピをご紹介します。
昆布茶をうま味に使い、セリの香りと春採りわかめの爽やかな風味が引き立つ上品なお粥です。普段の食事のほか、体調を崩したときの食事にもおすすめします。

 

春採りわかめとセリの粥 

http://www.takagiya.com/recipe/dtl.html?id=96


セリは日本に古くから自生している野菜で、奈良時代には食用とされていた説があり、江戸時代には栽培も行われていたそうです。セリが持つ栄養と香りが滋養強壮に効果を発揮したといわれており、昔から日本人の力を支えてきた食材なのですね。

セリは独特の香りも愛されてきました。香りの元となっている成分「オイゲノール」には胃腸の調子を整えたり、身体を温める効能があるといわれており、彩りや香り付けに少し使うだけでも美容と健康に効果が期待されます。また、セリには鉄分とビタミンCが含まれ、抵抗力を高めたい方や貧血の方には積極的に食事に取り入れて頂きたい野菜です。


記事一覧へ戻る

高木屋のピックアップ商品

  • 宮城県松島湾産 生茹・湯通し めかぶ
  • 宮城県松島湾産 真昆布 サラダ昆布
  • 静岡県伊豆半島収穫 伊豆ひじき
  • 徳島県和田島産 和田島わかめ

商品案内 以下のカテゴリーからお選びください。

  • わかめ
  • 雪藻麺(ゆきそうめん)
  • こんぶ
  • ひじき
  • もずく
  • めかぶ
  • あかもく(ぎばさ)
  • 海ぶどう
  • 海の五食やさい
  • 鍋物
  • その他