商品案内

わかめの根元にある「めかぶ」

宮城県産めかぶ

宮城県産めかぶ
 

わかめの根元にある「めかぶ」 
海藻の中でも人気の高い「めかぶ」は、わかめの根元部分です。
ぬめりが非常に強く、独特の風味があり、健康に関わる効果も期待されています。

 

※生めかぶは茶褐色をしていますが、湯通しすると鮮やかな緑色に変わります。

宮城県産めかぶ

一般的なめかぶよりも2ヶ月早い出荷。宮城県にしかない「超早生」のめかぶ

わかめには、大きく分けて「早生系」と「晩生系」と呼ばれる種があり、早生系の中でもメカブの成長が早い種を「超早生」と呼びます。
それぞれメカブの収穫時期は、晩生系が4月、早生系が3月、超早生は1月で、早生系と比べても2ヶ月早く出荷されます。他より随分早い収穫ですが、肉厚で葉が大きく、濃厚な食感と爽やかな風味をお楽しみ頂けます。


現在、この「超早生」を生産しているのは宮城県のみ。その理由は、仙台湾の水温低下が早く、9月にはわかめの養殖に適した20℃以下になるためです。
高木屋では、収穫しためかぶを産地より発送し、お客様へ「とれたて生めかぶ」をお届けしています。


【めかぶの収穫期】           わかめ養殖期間 めかぶ収穫期

 
 
 







髙木屋のおすすめポイント

めかぶは強い粘りと濃厚な風味が特徴の海藻です。

とくに宮城県のめかぶはえぐ味がなく、めかぶの美味しさをよりお楽しみ頂けます。

生めかぶを調理する際は、まず茎を取り除き、たっぷりのお湯で茹で上げます。

大きめに刻んでおひたしに、細かく刻んで和え物等にどうぞ。

刻んだめかぶに醤油を少し混ぜてごはんにかけると格別の風味をお楽しみ頂けます。

宮城県産めかぶ
 
資料ダウンロード
資料 1

戻る

旬の海藻カレンダー

…養殖  …天然

表は左右にスワイプできます
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
宮城
宮城県産春採りわかめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
               
宮城
宮城県産春採り茎わかめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                 
宮城
宮城県産めかぶ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
                 
宮城
宮城県産わかめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
               
徳島
和田島わかめ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
               
岩手
岩手県産わかめ
   
 
 
 
 
 
 
               
新潟
佐渡産わかめ
   
 
 
 
 
 
 
               
岩手
岩手県産切り昆布
       
 
 
 
 
 
 
           
沖縄
洗いもずく
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           
長崎
長崎県産ひじき(長・芽)
     
 
 
 
 
 
 
             

※天然の場合は漁協で口開け日が決まるので期間が前後することがあります。

高木屋のピックアップ商品

  • 宮城県松島湾産 生茹・湯通し めかぶ
  • 宮城県松島湾産 真昆布 サラダ昆布
  • 静岡県伊豆半島収穫 伊豆ひじき
  • 徳島県和田島産 和田島わかめ

商品案内 以下のカテゴリーからお選びください。

  • わかめ
  • 雪藻麺(ゆきそうめん)
  • こんぶ
  • ひじき
  • もずく
  • めかぶ
  • あかもく(ぎばさ)
  • 海ぶどう
  • 海の五食やさい
  • 鍋物
  • その他