教授のヘルシーレシピ

五食やさいのきりざい

五食やさいのきりざい クリップ
きざんだ野菜等を混ぜ合わせた南魚沼の郷土料理「きりざい」

材料

海の五食やさい 100g
ナス 1本
キュウリ 1本
長芋 70g
ミョウガ 2個
生姜 2センチ角のもの1個
大葉 10枚
すりゴマ 大さじ1

作り方

(1) ナスをみじん切りする。キュウリは縦に半分に切り、種の部分をスプーンで取り除いてからみじん切りにする。

※ みじん切りするためにフードプロセッサーを使用すると時間を短縮できます

 

(2) ナスとキュウリのきざんだものに塩を小さじ1/2杯加え塩もみする。手で強く絞って水分をだし、流水でよく洗って手で絞って水分を除く。

 

(3) 長芋、ミョウガ、大葉はみじん切りし、生姜はすりおろす。

 

(4) 海の五食やさい、①②③とすりゴマを混ぜ、市販のめんつゆ大さじ2と白だし大さじ2を加えよく混ぜる。めんつゆと白だしは商品によって塩分が異なるので、お好みの味になるよう調整する。


ここがポイント!

五食やさいのきりざい

 「きりざい」とは、新潟県中越地方の郷土料理です。野菜を細かくきざみ混ぜ合わせたもので、古くから食されてきました。野菜の他に納豆を加えたり、漬物を加えたり、地域によって具材や味付けが異なります。

 南魚沼の「きりざい」の特徴は、納豆を加えること。昔、山間部では貴重なタンパク源だった納豆を少しずつ大切に食べるための知恵でした。近年では、野菜がたんぱく質の消化・吸収を助けるとも言われています。

 

 「五食やさいのきりざい」を色々な食材にかけると、一層美味しくお召し上がり頂けます。例えば、  

 

 ♪ 炊きたてごはんのお供に
 ♪ 軍艦巻きに

 ♪ 豆腐にかけて冷奴に

 ♪ そうめんにかけてあっさりと

  

炭水化物に偏りがちなメニューに加えて、野菜と海藻を摂りましょう。納豆を加えればタンパク質も補えます。



海の五食やさい へ戻る

高木屋のピックアップ商品

  • 宮城県松島湾産 生茹・湯通し めかぶ
  • 宮城県松島湾産 真昆布 サラダ昆布
  • 静岡県伊豆半島収穫 伊豆ひじき
  • 徳島県和田島産 和田島わかめ

商品案内 以下のカテゴリーからお選びください。

  • わかめ
  • 雪藻麺(ゆきそうめん)
  • こんぶ
  • ひじき
  • もずく
  • めかぶ
  • あかもく(ぎばさ)
  • 海ぶどう
  • 海の五食やさい
  • 鍋物
  • その他